徹頭徹尾、医師だった甲田光雄医師

悲観的な人間が
私たちの祖先
 人間の長い歴史を振り返ると、今の日本のように安全で便利な時期はとても短いものです。
 今から600万年前から400万年前までの間に、人類は誕生したと言われています。古代文明が生まれたのは5000年ぐらい前のことで、産業革命が起こった200年ほど前から世界人口は爆発的に増えました。人口が増えたということは、人間が命を落とさずに済むような安全な時代になったと言い換えられるでしょう。
 そう考えれば、人類の600万年という歴史の中で、安全に暮らせるようになったのはたったの3%に当たる200年。人類はほとんどの時間を危険と隣り合わせで、厳しい自然環境の中で動物・細菌といった敵と戦いながら生活したのです。
 当然用心深くなりますし、いつも最悪の事態を想定して行動してきたでしょう。
 逆を言えば、のほほんと楽観的な人間は早くに命を失い、悲観的で注意深い人間だけが生き延びられたということです。
 今を生きる私たちは、悲観的な思考回路を持つ人間の子孫です。安全な環境で暮らしていても心配事を抱えるばかりか、便利な生活で生まれた余剰の時間に考え事ばかりをした結果、架空の不安を作り出す可能性もあります。
 不安や心配、イライラ、怒りなどの感情にとらわれてしまうと心を病み、結果として体も病んでいくのです。


「生きたい」という本能に
アプローチする
 私たちには悲観的な思考回路を持つ一方で、野生の動物たちと同じように「今を生きたい」「子孫を残したい」という強い本能があるのではないでしょうか。本能から派生して、自分が生きるため、そして弱い存在である子どもや孫を守るために、他者と共存したいという本質的な欲求が生まれるのかもしれません。
 不安やイライラなどの悲観的な思考回路をストップさせて、本能と本質的な欲求に近づくことは健康法にも取り入れられています。
 野口整体の「天心」は意識的に無心になること、そして「活元運動」に意識せずに出てくる体の動きを指しています。あれこれ思考せずに、体の内部から湧いてくるような動きが自らの体を治すのです。
 甲田光雄医師の場合は、私が仕事をさせてもらった中では仏教の言葉を引用していました。
 仏教では、自分の命、そして自分の周りの命も大切にするように説いています。
 「病気が怖いから、病気が嫌だから、少食にする」という不安や嫌悪、恐怖といった悲観的な思考回路の人は、少食が長続きしないし、効果も上がらなかったのでしょう。
 そのために、「自分の命を大事にし、他の生き物を殺生せずに大事にするために、少食をしましょう」と甲田医師は伝えたのだと思います。
 私の印象では、甲田医師は理詰めの人間です。初期の著書を読むと、「白砂糖はいかに体に害を与えるか」「朝食をたくさん食べることはいかに消化管に負担を与えるか」などということを論理的に説明していました。
 しかし、甲田医師がこんこんと少食を説いたところで、多くの人が少食を実行できず、病気も治らないという現実。それに対し、甲田医師は仏教の言葉を引用するというアプローチに変えたのではないでしょうか。
 私の解釈では、甲田医師は病気を治すために宗教すら利用した、徹頭徹尾、医師でした。
 病気の人に前向きな言葉をかけ、励ましたのも、甲田医師にとっては治療の一環であり、宗教であれマスコミであれ人を治す可能性を持つものをすべて、医師として利用してきた合理的な大阪人だと私は思っています。
 その潔さが清々しく、私たちの心にいつまでも残る人。
 あくまでも、個人的な主観です。

Powered by Blogger.