薬を飲むとき、飲まないとき

子どもの熱が朝に下がり、夕方にかけてどんどん上がっていくことを繰り返すとき、そしてダラダラ続く厄介な症状があるとき、私は抗菌剤を子どもに飲ませています。
先日の子どもの熱は季節の変わり目に出るウェルカムなものではなく、厄介なタイプと判断して、小児科医を受診させ抗菌剤を飲ませました。

私が薬を飲んだり、子どもに飲ませたりすることに対して「えー、意外」と言う人がいました。
代替療法などを紹介する記事をたくさん書いていることから、そのようなイメージを持たれたのでしょうか。

私は代替療法も漢方薬も西洋薬も、全部使います。
これまでの経験から「この症状は西洋薬よりも漢方薬のほうが効く」などと判断し、使い分けています。

気をつけているのは、代替療法も漢方薬も西洋薬も短期間で中止すること。
「念のため」「予防のため」という理由では続けません。

『ふろに入らないほうが美肌になる』という本を出しましたが、決してアンチステロイドでもありません。
皮膚を洗い過ぎる習慣で皮膚にダメージを与え続けながら、ステロイドをダラダラ使い続けないほうがいいと考えているのです。
私はステロイドを常備し、虫に刺されたときに塗っています。

私が自分や子どもに薬を使うケースは、次の2つです。
○症状が繰り返しダラダラと続く
○痛みや熱などで眠れない

そして、やっぱり勘に頼っています。
ジーッと子どもを見て「様子がいつもと違わないか」と判断するわけです。

素人判断なのですが、これが子どもの腸重積のときに役立ちました。
医師が「ただの腹痛なので様子を見ましょう」と整腸剤を渡したのを、私が食い下がって、開腹手術を免れました(実際はこんな単純な話ではなく、また別の機会に書き残そうかと)。
医師も人間なので、完璧ではありません。
後で親として後悔しないように、私は医師にも自分の考えを伝えるようにしているのです。

ちょうど今、厚生労働省が作成している『抗微生物薬適正使用の手引き』について記事を書いています。
『抗微生物薬適正使用の手引き』とは、抗生物質などの抗菌剤をカゼや急性の下痢に使うのは控えましょうという国から医師に伝えるものです。
薬剤耐性だけでなく医療費の膨張という観点からも、私たちも一人ひとりで薬の使い方について考える時期なのかもしれませんと思いました。

Powered by Blogger.