女の不調を解消したいなら、歩くしかない

月経痛や更年期障害といった女の不調を解消したいなら「歩くしかない」という結論が、私には出ています。大豆製品(イソフラボン)や漢方薬、サプリなどを摂取しても、体をあまり動かさなければ効果は得られません。

結論付けた理由の1つは、私が仕事を始めた25年ほど前から現在に至るまで、「運動すると更年期の症状が軽減する」という研究結果が国内外で発表され続けていること。


加えて、人間の体の構造から、運動をしなければ健康にはならないだろうと考えたのです。
大人の骨の数は約206個。これほどたくさんの骨がある理由は、運動するためです。骨の数が少なければ、滑らかな体の動きはできません。2本の足で立って歩き回るために、人間の骨格が出来上がり、その周囲に筋肉が付着しているのです。

運動で筋肉が伸縮すると、静脈が外側から圧迫されてポンプのように血液が心臓に戻ります。
また、筋肉が熱も作り出しています。
動くために進化してきた私たちの体は、動かさなければ血液が循環しにくいし、体温が下がるし、不都合が起こりやすいのです。じっと座っている、ゴロゴロ横になっている状態では、体調が悪くなります。

そして、1週間に2回ぐらいエアロビなどの激しい運動や筋力トレーニングをするよりも、毎日こまめに歩き回ったほうがいいでしょう。「朝にジョギングして疲れたから家でゴロゴロする」というのは、本末転倒。
1日の活動量を増やし、筋肉を動かす時間を長くすることを心がけたほうがいいでしょう。

余談ですが「朝のジョギング」は、1日のリズムと筋肉の観点から、私はお勧めしません。
朝に運動すると、やはり疲れて昼間の活動が落ちやすいこと。学生の場合は、朝練で授業中の居眠りが増えるそうです(睡眠の専門医の話)。会社員も、仕事の能率が下がっているかもしれません。



そして、まだ筋肉をよく動かしていないのに、走って地面の衝撃を関節が受けると、故障する可能性があります。

この2点から、ジョギングは夕方16時ぐらいに行うのが、1日の活動で筋肉の準備運動が済んでいるし、心地よい疲労感で夜の眠りもよくなるのでいいでしょう。

歩くことと健康との関連で膨大なデータを取っている青柳幸利先生の話では、家の中で家事をして体を動かしても、1日の運動量は多くならないのだそうです(取材で聞いた話ですが、本にも書いてあるかもしれません)。
「とにかく、外出して歩いたほうがいい」ということでした。

個人の体力やその日の体調で、どのくらい歩いたらいいのかは異なるでしょう。私は「30分以上を目安に、明日も楽しく歩ける疲労感」で歩く時間や距離を調整するといいと思います。

自転車よりも歩いたほうがいいのは、腕を前後に振ることで肩甲骨が動き、骨盤も連動するためです。骨盤が刺激を受けると、卵巣や子宮といった骨盤内の臓器の血液循環もよくなります。また便秘の解消にも効果があります。

歩き方のポイントは、骨格に合わせたフォームにすること。さまざまなウォーキングが世の中で紹介されていますが、ねじりを加えたフォームは長時間歩くことに不向きだと私は思います。

それから歩く前と後には骨盤ぐるぐるをしましょう。

プラスしたいのは、ふくらはぎのストレッチです。外反母趾や足底筋膜炎など足のトラブルを抱えている場合はふくらはぎの筋肉が硬くなっている傾向があります。足裏とふくらはぎは連動しているので、ふくらはぎを十分にストレッチしてから歩き、歩いた後も疲れを残さないようにストレッチを行ってください。

じっと家に閉じこもっていると、どんどん体が重くなります。1日の中で歩く習慣をつけるだけで、体調だけでなく、気分もずいぶん変わります。シューズと靴下にはお金をかけたほうがいいですが、そのほかはお金がかかりません。

シューズについては「幅広のほうがいいのでは?」と思い込んでいる人もいるのですが、足にぴったりフィットするシューズを選んでください。シューズの中で足があちこち移動しないことが大事です。
足の甲とかかとを深く包み込み、靴底のクッション性が高いスニーカーを選ぼう

靴下は、五本指タイプをお勧めします。歩くときに、靴底を指でぐっとつかむ感覚が出るといいですね。

水分補給も忘れずに!
Powered by Blogger.