「主流派」の医師のせいで軍人や産婦が亡くなってきたという歴史から、「代替医療」について考えた

7月 28, 2017
『代替医療のトリック』(サイモン・シン、エツァート・エルンスト 新潮社)は、実に残念な本でした。 その理由が、代替医療を「主流派の医師の大半が受け入れていない治療法」と定義していたこと。加えて、「治療法の基礎となる考え方が、今日の解剖学、生理学、病理学をはじめとする科学的知識と...

コツコツと読書感想文クラスの準備を進めています

7月 25, 2017
今年は小学3年生と5年生に読書感想文を教えることになりました。 作文が苦手な子どもには、「入試や就職試験、レポートでも使える作文技術」を教えます。今は大変な思いをして書くわけですから、将来的には少しでも楽できるようにしておきたいと思っています。 読書感想文の場合も形式に...

小論文で受験する君へ

7月 24, 2017
本日、仲よしの男女が来店してくれました。 「ああ、なんてかわいいんだろう」と私は浮かれてしまい、大事なことを伝え忘れました。 受験勉強で小論文を予備校で学んでいる君へ。 主語と述語の対応や段落分けなどといった基本的な国語の技術をマスターしたのなら、予備校は卒業したほうが...

「代替医療は無意味だ」という発言そのものが、私は無意味だと思う

7月 24, 2017
人はみな、わかることだけを聞いている ゲーテ  私はグルメ番組を見るのが大好きです。いつもスゴイと思うのが、ギャル曽根さん。「なぜ、あんなにたくさん食べてもやせているのだろうか」と、最初は信じられない思いでした。しかし、テレビの力は偉大で、「大量に食べても、健康で、やせ...

徹頭徹尾、医師だった甲田光雄医師

7月 21, 2017
悲観的な人間が 私たちの祖先  人間の長い歴史を振り返ると、今の日本のように安全で便利な時期はとても短いものです。  今から600万年前から400万年前までの間に、人類は誕生したと言われています。古代文明が生まれたのは5000年ぐらい前のことで、産業革命が起こった200年ほ...

夏こそ冷え取り:実は冬場よりも厄介な夏の冷え

7月 19, 2017
  首や肩がこる、よく眠れない、体がだるくて何もしたくない……  このような不調を訴える人が夏には増えます。  原因は暑さではありません。夏の 冷え にあります。  体が冷えて体調を崩してしまうのは、寒い冬場だと思われがちです。しかし、現代の私たちの生活では、夏でも次の3...

市川駅から徒歩4分!貸しスペースを短時間・レンタルボックスでもご利用いただけるようにしました

7月 12, 2017
先日、来店された方から「短時間だけスペースを借りられたらいいのに」というお話をいただきました。 そこで、ワークショップやイベントなどでは、1時間からご利用いただけるように改定しました。 展示・販売スペースも、店全体ではなく、レンタルボックスという形で手軽にご利用いただけます...

道理でウチの子は作文ができないわけだ

7月 11, 2017
作文力の考え方で、小学校教師と親である私との間でギャップが大きいようです。 断わっておけば、ベテランで落ち着いた雰囲気の担任教師で、私は信頼しています。 ただ、個人面談で「学校では読書感想文の書き方を教えていないから、夏休みの宿題として出さないつもりです」と話を聞いて、私...

「作文ワークショップ」(案)へのご要望やご意見などをお聞かせください!

7月 11, 2017
「知恵の木」は本とワークショップのお店です。 看板にもそう書いてあるのですが、なぜかお店に立ち寄って「今の日本人は本なんか読まない」「私は本に興味がない」「最近の本はつまらない」とわざわざ言い残して帰る方々もいらっしゃいます。 私は今を生きる日本人で、新旧問わずどんな...

第11回作文教室「メモを取る&文章で伝える」目撃者は君だ!編 取りかかれず……

7月 10, 2017
息子は書字に困難さを抱えているうえ、「丁寧なメモ」という呪縛があります。 まずは呪縛を解き放つために、ワークシート「目撃者は君だ!」を私は作成しました。 ワークシートの設定は、ある事件の犯人を目撃したのは自分だけ。 犯人を警察に捕まえてもらうために、犯人の特徴を文章化して...

他人の時間とお金、労力を吸い取ろうとする「意識の低い人」に要注意

7月 09, 2017
「意識の高い人」とは、自分自身の健康や言動に責任を取る人。 他人になにかを与えてもらったら、自分も対価を返そうと努力する人です。 「意識の高い人」は、がんばり過ぎてなんだか痛々しい「意識高い系」とは違います。 一方、「意識の低い人」には責任感がありません。 なるべく自分...

「作文ワークショップ」も始めます

7月 07, 2017
「平成29年 標準学力調査」で息子の国語の成績が急上昇したことに、私は非常に驚いています。 目標値を9.3ポイント上回っていました。 しかも、国語の中で「作文」の正答率が高いのです。 「えっ、どうして?」と、まだ信じられない気分。 作文を息子に教えてきたことは無駄ではな...

私はこんな治療院に行きたくない

7月 06, 2017
ここ1カ月ほど、柔道整復師の資格を持つ人をライターとして取材することが3件続きました。 新人編集者時代に私が先輩から聞いた話では、柔道整復師はその名のとおり、「柔道」と関係しています。 柔道には関節技があるので、関節が外れることがよくあります。 そのため、柔道を行っている...

第10回作文教室「主語と述語を探そう」アトランティス文明編

7月 05, 2017
30年近く前の話。 私が入試対策で英文読解を勉強したときに、主語、述語(動詞)、その他の単語は何と何が関係し合っているのか、文の構造から意味を考えるようにしていました。 文の構造を私は高校3年生でみっちり勉強したので、小学生には少々高度な内容なのかもしれません。 しかし、...

中間的な立場のジレンマ

7月 04, 2017
秘書の男性に対して暴言を吐いていた女性の国会議員が、私は気になり続けています。 最初は暴言の激しさに震え上がったのですが、最近では 「彼女と似ているところが、私にはないだろうか」 と思い始めているのです。 もちろん、私自身は彼女のように学歴もキャリアもすばらしい人間ではあり...

7-8月は子どもたちが読書感想文を書くお手伝いもします

7月 02, 2017
「小学3年生で、思春期になるんですよ」 学童保育の指導員の方と立ち話をしているときにそう聞いて、私はびっくりしました。 思春期は中学生以降と思い込んでいたからです。 しかし、たくさんの子どもたちと接しているベテラン指導員の方のお話なので、そうなのかと。 まだ幼いのに思春...

市川カメ問題

7月 01, 2017
大洲防災公園のアジサイが美しいですね。 公園の草むらをふっと見ると、カメ。 なぜかカメ。 そしてパークシティ市川の敷地。 やっぱりカメ。 ミドリガメです。 大繁殖しているのでしょうね。
Powered by Blogger.