大門通りトコトコ ~ 浮島弁財天アクセス数急増の謎を探る ~

最近、ブログに異変が起こっています。
「市川駅から歩いて行ける『勝手にパワースポット』その9 浮島弁財天」へのアクセス数が急増。
パワースポット部門トップに躍り出ました。
「浮島弁財天に何が起こったのか?」と、昨日、浮島弁財天まで確認をしに行きました。

国道14号側から大門通りに入ります。


レトロな感じの街並みから始まって……


1分ほどで知恵の木。
今日から「100円フェスティバル」を始めました。


さらに進むと、おしゃれな感じのお店が続きます。
歩行者の顔は加工してわからないようにしていますので、ご安心を!



四つ角で幟を発見。
「春の史蹟まつり」と書かれています。
むむ、祭り? 気になる!



横断歩道を渡って、大門通りの右側に「入りにくいかもしれませんが、ごく普通のコーヒー店です」などと文言が書かれたコーヒーショップが現れました。
一人で大ウケしていたのですが、歩行者が多く、撮影できませんでした。
気になる!

橋の上から、かつて浮島弁財天があったと勝手に私が推測している場所を撮影。
大きな木が目印
以前と違う点は見当たりません。

真間の継橋の近くに横断幕。



「真間史蹟保存会」
何が行われようとしているのか……

とりあえず弘法寺の階段を上って、観音様に会いに行きました。

新緑が美しいですね。



そして目的の浮島弁財天へ。
特に変化はなく、アクセス数急増の原因は見当たりませんでした。


どうでもいいのですが、浮島弁財天の近くの空きスペースにあるパンダ。

何度か通りがかっているのですが、パンダの上におばあさんがまたがっていたり、中年とおぼしき男性が寝ていたり、なかなかシュールの光景が。
なぜパンダ??
パンダの目にも涙?



八幡神社では、赤ちゃんを連れたママたちが集まっていました。
子どもの日関連のイベントがあるのでしょうか。
境内の松が窮屈そうで、いつも気になります

市川シャポーでは、今年もツバメが子育て中。
右側にちょっとだけ親鳥のしっぽが


(ここから宣伝)
知恵の木では、子育てが楽になるヒントが書かれた本や、「ちょっと育てにくい」「勉強が苦手」という子どもを社会に送り出すことがテーマの本を揃えました。
828ページにも及ぶ『育児の百科』は、子どもの病気や発達、育て方のコツだけが書かれた本ではありません。人間としてまだまだ不完全な私たちが、親として成長するための励ましの言葉が語られています。

子どもの自然治癒力を最重視した山田真医師。薬の使い過ぎを避けたいという親のために、必要か否か、薬を使わないときにはどのような対処をしたらいいのかなどが書かれています。

発達障害の子どもを持つ親だけでなく、「しかっても効果がなくてイライラする」「つい声を荒げてしまう」などで悩んでいる親もぜひ読んでほしいと思います。私がそんな親だったのですが、この本を読んで考え方と態度を改めると、子どもに落ち着きが見られるようになったと実感しています。

親というものは、つい子どもを自分と同一視してしまいがち。勉強について「私ができたのだから、あなたもやればできるでしょう」「百回書けば、覚えるわよ」などと子どもに声をかけたり、自分が成功した勉強法を教えたりしていないでしょうか。親にとって当たり前の文字の見え方や書き方、音の聞こえ方が、子どもは実は違っている可能性があることを、この本は教えてくれました。

明日4月23日は日曜日ですが、午前10:30~12:30はお店を開けています。


Powered by Blogger.