「世の中の文章題」を読解するための読書感想文クラス

「鍋や洗剤を売って金儲け」を
「他者に喜ばれ自己実現できる」と思い込む
「あなたに伝えたいことがある」「あるパーティーに一緒に行こう」「きっとあなたのためになる」と女性に次々と声をかける若者がいました。
20年ほど前のことです。
私が参加していた県人会に、若い男性が入ってきたのです。
彼は積極的に周囲に話しかけ、明るく振る舞っていました。
私も彼と名刺交換しました。

後日、彼からメールが来ました。
冒頭の「あなたに伝えたいことがある」「一緒にパーティーに行こう」「きっとあなたのためになる」といったことが書かれています。
私はメールを削除し、名刺を捨てました。

私は彼を「変な奴」程度にとらえていましたが、ほかの女性たちは違いました。
ひどく気持ち悪がって、県人会の主催者に彼を追い出すように訴えたのです。
ちなみに、彼は若い女性にばかり連絡を取っていたようです。
主催者が彼に出入り禁止と伝えたら、「僕はみんなのためになることをやっているのに!!」と激怒したとのこと。

後で聞いたところ、彼は鍋や洗剤を売るマルチ商法(連鎖販売取引)の会員でした。
県人会にはビジネスや仲間・恋人探しが目的で参加している人がほとんど。
その意味で、彼は周囲の人と何ら変わりはありません。

決定的な違いは、金儲けと自己実現・恋人探しがワンセットになって、彼自身、自分が何をしているのか本当のところはわかっていなかったこと。
マルチ商法は自己啓発と実によくなじみます。
「鍋や洗剤を売って金儲け」「勧誘して金儲け」を「他者に喜ばれ自己実現できる」と思い込み、純粋な分だけタチが悪いのです。

現実の生活では、料理人でもない限り、高価ですばらしい鍋を複数持つ必要はありません。
洗剤も手もとのものが切れたときに買うわけで、たくさん売り込まれても置き場に困ります。
また、たとえ自分が気に入った商品でも、家族や友達に「鍋買わない?」「洗剤買わない?」と勧めるのは押し売りのようなもの。
押し売りをしたい人は少数でしょうから、鍋や洗剤を売る仲間はなかなか増えないと予想がつきます。

鍋や洗剤がたくさん売れれば自分が儲かるだけなのに、それがきっかけで彼女ができる、周囲に自分の価値を認めてもらえるなどと彼が思ったとしたら、それは金儲けと自己実現と色恋が絡んだオイシイ妄想です。
「まだ商品の認知度が低い」という段階で販売した人しか儲からないのに、年会費を収めなくてはいけない


「世の中の文章題」は
金儲け・自己実現・色恋を切り離してから解く
そんな20年も前のことを思い出したきっかけは、私の息子の行動です。
『ドラえもん』ののび太くんに似ていて、マルチ商法の彼のようなオイシイ妄想をする大人になるのではないかと心配になるのです。

『ドラえもん』ののび太くんの場合、成績はぱっとしない。
勉強せず、寝転がってマンガを読む(座ることすら面倒なのか?)
そのくせ、自分に都合のいいことばかり望んで、ドラえもんに頼る。
かっこよくなろう、女の子に好かれるようになろうと努力しない割に、しずかちゃんが出木杉君と仲良くしている様子に焼きもちを焼く……
藤子・F・不二雄先生は、ぐうたらな子どもの様子をよく観察しています。

今の息子は、算数の文章題を読み飛ばして自分の都合のよいように計算しようとします。
算数だと導き出される答えが×なので正誤がすぐにわかりますが、「世の中の文章題」はなかなか結果が出ません。

ワイドショーで紹介される詐欺事件や詐欺まがいの話が絶えないのは、世の中の文章題を自分の都合で読み違えるからではないでしょうか。
ある芸能人の引退は、投資詐欺事件に巻き込まれ、その背景に不倫があるのではないかと一部で報道されています。
まさに金儲けと色恋。
それから、格安で大規模イベントに出店できると勧誘し、出店料を集めたうえでイベントを延期するという、詐欺だと疑われている事件。
相場よりも安すぎる・高すぎるときには、金儲けと自己実現を絡ませた価格による心理操作が行われていたことが過去にも多々ありました。

詐欺事件や詐欺まがいの話については、過去の事例を息子が社会に出る前に教えたいと思っています。
まだ小中学生の時点では、以下の3つがポイントになります。
1 自分勝手に文章を解釈せず、文章を字面どおりに読み取る
2 自分なりに筋を立てて考えをまとめ、周囲の人にもわかるように表現する
3 自分がなりたい自分の姿や家族・友人関係とお金をいったん切り離し、お金単体でその正体を考える

ポイントの1・2が読解と作文を行う「作文嫌いな子どもの読書感想文クラス」、ポイントの3が「『お金って何なんでしょうね』教室」の目標になります。
入試対策ではなく、お金に関する世の中の文章題対策です。
市川駅の周辺でのび太くんのような子どもがいたら、3つのポイントについて一緒に学び、考えられたらいいなと私は思っています。



余談ですが、ある市の教育長が「同級生との金品のやりとりをいじめと認定するのは困難」と発言したそうですが、だったら150万円もの「同級生との金品のやりとり」は何だったのでしょうね。






Powered by Blogger.