市川駅から歩いて行ける「勝手にパワースポット」その7 下総国分寺

下総国分寺
〒272-0834 千葉県市川市国分3-20-1


薬師如来(やくしにょらい)は、病気を治してくれる神様として信仰されています。
今日、どうしても薬師如来を拝みたくなり、下総国分寺(しもうさこくぶんじ)に足を運びました。

到着してドキッとしたのは、口の形が「ん」の仁王像と目が合ったときでした。
相手は像なので「目が合う」は変なのですが、私は「すごく見られている」という気分になってしまったのです。



お寺には当然のことながらお墓があります。
たくさんのお墓を見るたびに、「このお墓の数以上に、多くの人が亡くなってきたのだ」としみじみ感じてしまいます。

どうせ死ぬのに、なぜ生きるのか。
どうせ死ぬのに、どうして最期は痛み、苦しみ、悲しくなるのだろうか。
人間が遺伝子の乗り物というのなら、痛みも苦しみも悲しみもいらないではないか。
下総国分寺に来る前には、そんなことを悶々と考えていました。

ただ、お墓を見ていると、「何を考えたところで、生まれてきた命はやがては消えるのだ」というようなあきらめにも似た穏やかな気分になってきました。


本堂で手を合わせてから、右側に進むとは、三体地蔵尊がありました。
湯島小学校の生徒が、遠足の帰りに江戸川で船が舟が転覆し、亡くなってしまったのだそうです。
子どもたちの供養のために、地蔵尊が安置されたとのこと。
私が勤めていた会社のすぐ近所に湯島小学校があり、子どもたちをよく見かけていました。
また、私の子どもも小学生であることから、三体地蔵尊の前で切なくなりました。
命とは切なく、どうしようもなく儚く、仕方がないものなのだと。


本堂の左側には水琴窟(すいきんくつ)があります。
水琴窟は穴を開けた水がめなどを地中に埋めて、上から水を流すというようなシステムです。
水がめなどにたまった水に、上から落ちてきた水滴が跳ねると、水滴の音が水がめにポワンと反響して複雑な音が聞こえてくるのです。
私は京都で水琴窟の音を聞いたことがあり、また同じ音を聞きたいと思っていたのです。
市川で水琴窟があるのは下総国分寺とネットで知ったのですが、画像を見るとちょっと不思議に思いました。
通常、水琴窟は手洗い場にあります。
手を洗った後の水が水琴窟に流れて、ピチャンポワンと音がするわけです。
しかし、下総国分寺では水琴窟のそばに手洗い場がない様子でした。
それで私は水を持参し、下総国分寺の水琴窟に流しました。
水筒の水では少なかったものの、水琴窟の音がかすかに聞こえました。


市川駅側から下総国分寺に行く途中に上り坂があります。
坂に差し掛かる場所に小さな鳥居がありました。
「月山」「湯殿山」「羽黒山」と書かれた石碑があり、出羽三山神社から勧請してきたのでしょう。
出羽三山神社といえば、私などは山伏が修行するという印象があります。
以前、私は山伏の奥さんと仕事をしていました。
山伏については話が長くなるので、またブログで書くつもりです。



鳥居から下総国分寺までは、崖の横の道という感じです。
セメントで擁壁されているのを見て、「私が子どもだったら、絶対ここをよじ登って遊んで怒られるな」などと思っていました。