「全部デマカセ人間」に人生をダメにされないために、子どもに教えたいお金の話

言うことがほとんどウソという
人間は存在する
20年近く前でしょうか、経歴、人脈など口にすることがほぼでたらめな「全部デマカセ男」と仕事をしました。

全部デマカセ男はさまざまなコネクションを利用して、私が所属していた編集部の上の人間と知り合い、ある地域の村おこしに関係する記事を作ることが決まりました。
新入りだった私は、上の人間の指示で記事を担当することになりました。
当時、私は20代で、全部デマカセ男はおそらく40代。
見た目は、今年話題になったショーンKを太らせて崩した感じでしょうか。
「その辺によくいる業界人」で、明るく、物腰は柔らか。
「この地域の発展に、私は力を貸したい」と情熱をたくさん語りました。
顔が広くさまざまな情報を持っているようなので、私たち取材スタッフは何の心配もなく彼と取材に出かけました。

しかし、現地に入ってから「全部ウソだった!」と驚かされたのです。
コーディ―ネートできるほどの人脈はなく、「オレがマスコミの人間を連れてくるから」とその地域で吹聴していたようです。
取材を続けるうちにボロが出てきて、なぜか尻拭いは私。

幸い、全部デマカセ男は編集部やその地域から大金をだまし取ることはなく、記事を無事に作ることができて直接の損害は被りませんでした。
その後、全部デマカセ男は本性が暴かれて業界から追放されたと聞きました。

極悪人の全部デマカセ人間は
お金も命も奪っていく
私が会った全部デマカセ男は悪人ではなかったようですが、世の中には男女問わず、極悪人の全部デマカセ人間がいるようです。
「北九州監禁殺人事件」の松永太、「尼崎連続変死事件」の角田美代子、そして25歳の女性を暴行死させた容疑で逮捕された 田口恵子容疑者。
彼らは他人のお金だけでなく命までも奪い、子どもたちも事件に巻き込んでいきました。

全部デマカセ人間の共通点は、自分で汗をかいてお金を稼いでいないこと。
そして、自分よりもさらに弱い人たちからお金をむしり取ろうとすることです。
ですから、接点づくりが巧みで、他人の弱みに敏感で、優しい言葉をかけたりオイシイ話を持ち掛けたりします。

全部デマカセ人間の傾向は、次のとおりです。
[初対面]
○非常に愛想がよい
○話し上手で、ほめ上手
○パリッとした服装だったり、気のいいおじさん・おばさん風だったりして、外見はいたって普通
○低姿勢
○接点づくりがうまい(遠いコネクションをたどってくる)

[その後]
○自分のウソと現実が区別できていない
○自分で責任を取らない(他人のせいにするのが上手)
○たとえ断っても、理由をつけて何度も押しかけてくる
○些細な落ち度をとがめる(難癖をつける)
○お金やお金になりそうなもの(無形の技術やコネクション、知名度なども含む)をたかろうとする
○弱みを握って恐喝する(暴力をふるうケースが多い)

全部デマカセ人間かどうかを見分けるには、「どんな仕事をしてきましたか」とお金の稼ぎ方を質問するといいでしょう。
彼らがペラペラとしゃべって説明した内容で、以下の2点をチェックするのです。
●「AならB」「BならC」だから「AならC」と彼らは説明する。実際は「Aのほんの一部がC」でないかをチェック
●特殊な条件下でしか成り立たないことを、あたかも別の条件下でも成り立つように説明していないかをチェック

全部デマカセ人間は論理的な人間を嫌う傾向があります。
彼らの語っている内容を突き詰めていくことで、相手が寄ってこないことがほとんどです。

もう一つ、論理的に考える癖を持っていると、初対面で「この人は全部デマカセ人間だ」と勘が働くのです。
ですから、全部デマカセ人間から全力で逃げることができるでしょう。

全部デマカセ人間の目的は
やっぱりお金
私が全部デマカセ男と接触してもお金をむしり取られなかったのは、幸運でしかありません。
全部デマカセ人間たちは詐取(「搾取」ではありません)することで生計を立てているからです。
仕事だけでなくプライベートも台無しにされたかもしれない思うと、ゾゾーッと怖くなります。

「北九州監禁殺人事件」「尼崎連続変死事件」などから、「まだ子どもだから関係ない」「お金をそれほど持っていないから大丈夫」というわけではありません。
むしろ弱者ほど、極悪人の全部デマカセ人間の標的にされる可能性が高いと言えるでしょう。
悲しい話ですが、過去の少年事件から、中学生、高校生が極悪人の全部デマカセ人間になってしまっていることがあります。
ですから、「全部デマカセ人間は身近にいる可能性もあるから注意してください」と、特に子どもたちに伝えたいのです。

全部デマカセ人間の目的はお金です。お金が欲しいから、ウソや難癖を含むいろいろなデマカセを言うわけです。
一昨日ブログに書いた「子どもにも教えたい、本当に怖いお金の話」と違う意味ですが、やっぱりお金の話は怖いのです。

私はアフリカで経験したのですが、ジンバブエの紙幣は隣のボツワナで単なる紙切れでした。
そもそも日本の紙幣の一万円札も、1枚の紙切れ。
紙切れを巡って、ウソをついてだまし取ったり、暴力をふるって奪ったりするのはなぜか?
このようになるに至るまでに、お金にはどんな歴史があるのか?
そもそもお金とは何かを子どもたちと一緒に考えたいと思っています。