市川駅から歩いて行ける「勝手にパワースポット」その1 白幡神社

白幡神社
〒272-0822 千葉県市川市宮久保4-2-4






私は過去に「日本のパワースポット」「しきたり」「神域」などの特集を担当したことがありました。
取材した研究家からは、次のようなことを言われました。

---
パワースポットとは、日本を人体にたとえるとツボのようなもの。
ツボは経絡上にあって、気を調整する働きがありますよね。
パワースポットも日本の気の流れの上にあって、気を調整する場所なのです。
そんなパワースポットに、古の人々は神社を建てたのです。
人々がその場所を清め、大切に扱うことで、神社は日本の気を整える役割を果たし続けてきました。
しかし、人々から放っておかれたり、社が朽ちたりしてしまうと、神社はパワースポットとしての気を整える役割を果たせなくなります。
その場所の位置だけでなく、人々の態度も重要なのです。
---

上記の意味で、白幡神社はすばらしいパワースポットだと感じました。
朱色の鳥居の外と内では、空気感が変化します。

また、この神社を守っている人や大事にしている人の存在も感じられました。
悩み事で頭がいっぱいになっている、なんとなく不調を感じる人は、この神社を訪れるといい影響を受けるのではないかと、私は感じました。

奥には諏訪大明神。

『古事記』では、確か大国主命の息子が「国譲り」で天照大神の手先(?)の 建御雷之男神に負けて追い払われたと(譲ったというのでしょうか)。
逃げた先で、建御名方命神になってまつられているというのが私の記憶です。
情報が曖昧です。
神道に詳しい人には申し訳ありません! 修正しますので、正しい情報をお寄せください!

それから、狛犬が気になって仕方ありません。

小さな狛犬を見守っているのでしょうか。それとも……
こちらも、情報をお待ちしています。

個人的に、市川駅から歩ける「勝手にパワースポット」で最も外界との変化が感じられる地です。
ここを大事にしている皆様のおかげなのでしょうね。
すばらしい場所でした。

●追記 2016年12月22日
市川駅から白幡神社まで歩くと30分くらいかかると思います。
撮影をした日、私は市川駅の南側から市川大野にある法務局まで往復し、その途中で偶然見つけたので、正確な時間はわからないのですが。

●追記 2017年2月6日
私は白幡神社と白幡天神社を混同していました。
間違った情報を掲載してしまい、本当に申し訳ありません。
本日このことに気づいたので、ブログを一部修正しています。
近日中に白幡天神社に出向いて、神様にお詫びしたいと思います。

以下は、「白幡天神社」の説明です。

昨日ポストに入っていたフリーペーパーに、白幡天神社の由緒が書かれていました。
源頼朝がここで白旗を掲げたことから、白幡と名付けられたそうです。
ちなみに源氏は白旗、平家が赤旗を使っていたようで、ここでの白旗は負けを認めることとは関係ないようです。

「源氏と言えば八幡様」というイメージを私は持っていました。
白幡天神社の近くには葛飾八幡宮があります。
ネットで調べると、源頼朝は葛飾八幡宮の社殿改築に寄進したようです。

白幡天神社の祭神は、武内宿禰(たけのうちのすくね)と源頼朝。
武内宿禰については八幡様(応神天皇)に仕えた古代日本の人物というところでしょうか。
過去の仕事で「日本全国のパワースポットマップ」を作り、鳥取県の宇部神社の祭神が武内宿禰ということで記憶していました。

菅原道真は、武内宿禰よりも後、源頼朝よりも前に生きた学者。
東京都文京区にある北野神社は、源頼朝が創建し祭神が菅原道真。
北野神社のサイトによれば、源頼朝が休息しているときに夢に菅原道真が現れて、「二つの喜びがある」と告げられたのだとか。
源頼朝と菅原道真に関係があるのは初めて知りました。

鳥居の形は出雲系。
ですから、参拝は二拝四拍手一拝(にはいよんはくしゅいっぱい)になるのかなと思っています。
以下の写真は出雲大社の鳥居。
今年は縁あって、6月に出雲大社の近くで取材がありました。

参拝方法その他、詳しい人からの正確な情報をお待ちしています!!