市川駅から歩いて行ける「勝手にパワースポット」その3 江戸川河川敷から望む富士山

12月 31, 2016
富士山が見える江戸川河川敷 市川橋から京葉道路までの間 スコーンと晴れた、空気が冷たく澄んだ日に、江戸川河川敷から富士山が見えることがあります。 市川橋の近くは富士山の撮影スポットで、三脚を立てて撮影している人を頻繁に見かけます。 この場所から撮影すると、...

「全部デマカセ人間」に人生をダメにされないために、子どもに教えたいお金の話

12月 30, 2016
言うことがほとんどウソという 人間は存在する 20年近く前でしょうか、経歴、人脈など口にすることがほぼでたらめな「全部デマカセ男」と仕事をしました。 全部デマカセ男はさまざまなコネクションを利用して、私が所属していた編集部の上の人間と知り合い、ある地域の村おこしに関係する...

子どもにも教えたい、本当に怖いお金の話

12月 28, 2016
勉強ができても、学歴が高くても 金銭感覚がなければ生活は破たんする 友情はお金で買えないけど、お金で友情は壊れる。 愛情も、家庭も。 お金より命が大事だというけど、お金を失ったことで命も失う人がいる。 お金を持っていたらえらいわけでもないのに、お金持ちを多くの人が「...

夜泣きや皮膚炎は、赤ちゃんの成長が解決する

12月 26, 2016
赤ちゃんの夜泣きや皮膚炎などで悩んでいるお父さん、お母さんにお伝えしたいことがあります。 私たちは気力・体力を消耗しているとき、「○○はなんにでも効きます!」「夜泣きも皮膚炎も、すべて改善します」という単純明快な言葉に強い魅力を感じてしまいます。 しかし、逆に警戒してください...

寝る前に飲むカップ1杯の白湯で不眠・便秘が解消

12月 22, 2016
寝る前の水分摂取で 血管リスクが減らせる 朝に白湯 (さゆ) 、つまりは一度沸騰させたお湯を飲む健康法。 アーユルヴェーダというインド伝統医学に詳しい蓮村誠医師がメディアで紹介し、よく知られています。 ところが、アーユルヴェーダの古典『チャラカ・サンヒター』...

爪のヒビをティッシュペーパーで応急処置

12月 21, 2016
空気が乾燥するこの季節、爪にヒビが入ることが増えませんか? ほうっておくと深く割れて、痛みが生じる場合もあります。 爪のヒビはティッシュペーパーと瞬間接着剤で応急処置ができます。 私自身のサイトに写真入りで紹介していますので、困ったときには試してください。 つめのヒビの...

はがれかけた爪にはスポンジを当ててばんそうこうで固定する 今井龍弥医師の知恵袋

12月 20, 2016
爪がなにかに引っかかってはがれかけたときは、爪をはがさないようにしましょう。 外科などの医療機関は爪を外して消毒することがほとんどなので、受診しないようにと今井医師は言っていました。 「痛い思いをするうえ、新しい爪が生えるのが遅れ、何度も通院させられるはめに陥ります」とのこと...

産後1カ月が女性の将来を左右する

12月 18, 2016
出産後の1カ月間は、お母さんはたとえ元気でも、怠け者になってください。 この期間に体を動かしすぎると、将来、心身ともに疲れやすい体質になったり、尿失禁・子宮脱が起こったりする可能性が高いからです。 体調が元に戻るには、妊娠期間と同じく9カ月かかると考えてほしいと思います。 ...

触れられた手のぬくもりが自然治癒力を高める

12月 17, 2016
手のぬくもりで得られる安心感は、「愛情ホルモン」のオキシトシンを分泌させて、痛みなどを解消させる効果があると考えられています。 体に触れてケアされることで 救われる命もある 「看護師は医師の単なるサポート役ではありません。看護師にしかできない仕事があるのです」 ...

アトピー性皮膚炎は本人だけでなく周囲の人も含めた心の問題

12月 16, 2016
「注意すべきなのは、責任を母親に押し付けてはいけないということです。母親は子どもをとても愛しているのですから」 アトピー性皮膚炎の子どもを持つ母親について、ドイツの大学教授がこのように語っていたそうです。 ドイツではアトピー性皮膚炎が患者さん本人だけでなく、その周囲の人も含め...

作文が書けない「トラウマ」が消えるだけで将来の選択肢が増える

12月 14, 2016
作文を書くのは、「見る・読み取る・感じる・思い出す・結びつける・表現する・変換する・書く」という一連の作業。 作業がスムーズに進まないから、作文が書けないのです。 ですから、どの作業が困難なのかを知り、手助けしたり違う作業で代替させたりすることで、作文は書けるようになります。...

ニキビはチョコレートの食べ過ぎではなく、ドカ食いを招いたストレスが原因

12月 13, 2016
チョコレートの食べ過ぎと 因果関係はない 日本人の9割近くが思春期にニキビを経験し、たいてい自然に治るといわれています。 それでも治らない場合、原因の1つがニキビを気にし過ぎること。 鏡を見ながら患部を触ったり、「よく洗顔するとニキビも消える」と勘違いして強い洗浄剤で洗...

作文が苦手だからこそ入試・就職試験で作文が武器になる

12月 12, 2016
苦手だからこそ 印象的な原稿が書ける 大人も子どもも、作文が苦手な人は少なくないようですね。 「苦手だから、つまらない文章しか書けない」というのは、実は違います。 むしろ、スラスラと書いた原稿よりも、味があって印象に残る内容になっていることは珍しくありません。 私は雑誌...

洗うのをやめると、アトピー性皮膚炎が治る!美肌になる! 石けんよ、サラバ

12月 12, 2016
「赤ちゃんの入浴を週2~3回にしたら、肌の乾燥もあせももよくなった」 「保湿剤を塗っても治らない赤いガザガザの肌が、石けんの使用をやめたら明らかに改善した」 こうした体験例が、『男が育休を取ってわかったこと』(セブン&アイ出版)の5章で紹介されています。   ...

産後を見据えて妊娠期間を過ごしてください

12月 10, 2016
産後の状態は、個人差があるだけでなく、出産時の状況にも大きく左右されます。 3~5人出産したママたちに聞いたのですが、1人目よりも2人目の出産のほうが楽だったとは言い切れないのだそうです。 「○人目だから楽ね~」ということはなく、一般論と現実は違うのです。 「産後に甘えて...

ふろに入らないほうが美肌になる!

12月 10, 2016
ふろに入るほど 皮膚は乾燥する 日本人ほど、ふろ好きな民族はいません。 多くの人が、それほど汗をかいていなくても、体が汚れていなくても、毎日入浴しています。 子どものころに、「顔と体は石けんできちんと洗いなさい。そしておふろに肩までつかって、よく温まってから上がりなさい...
Powered by Blogger.